ほとんどの人が利用できる|不動産売却をするポイントを伝授|天下を取る

不動産売却をするポイントを伝授|天下を取る

つみきとお金

ほとんどの人が利用できる

握手

審査が早い

少子化や核家族化によって家を借りるときの保証人を探すことが難しくなっている人が増えています。また保証人になれる人がいても、身内や知人にはかえって頼みにくい事情の人もいます。そんなときに便利なのが家賃債務保証サービスです。家賃債務保証サービスを利用することで、面倒で手間のかかる保証人探しをする必要がなくなるのです。家賃債務保証サービスは連帯保証人の代わりの債務保証するサービスで、フリーターや高齢者、外国人等に関わりなくほとんどの人が利用することができます。また賃貸人にとっても家賃の債務保証をしてもらうことで、滞納リスクを減らすことができるのでメリットが大きいのです。また滞納や支払い期限などで問題が起きても、代わって交渉してくれるのです。さらに家賃債務保証サービスは審査が早いので、急いでいる場合もメリットがあります。

みんなにメリット

家賃債務保証サービスに申し込むには、勤めている場合は運転免許証や健康保険証、年金生活などでは受給証明できる書類が必要となります。外国人の場合は、外国人登録証や特別永住証明書が要ります。未成年はケースによっては親の同意書が必要となりますが申し込むことができます。そして管理会社も滞納報告をする必要がなく、もし滞納があっても全額入金してくれるので安心です。入居者の家賃引き落としについては、自動で引き落としになるのでわざわざ銀行へ行く必要がないので便利です。そして賃貸人にとって家賃債務保証サービスの価値は、入居者を増やしたくても連帯保証人を見つけることができない入居希望者を断る必要がなくなるので、入居率を向上させることができることです。